FI Consulting | サービスライン 情報化教育支援

FI Consulting IT solution provider for small and medium business

HOME > fic > fic service line > education

education
情報化教育支援

レベルと立場に合わせた教育

情報化教育にはいくつかの段階があると考えます。

network image1. コンピュータの操作に対する共通知識の習得

Windowsの基本的な操作の習得からOfficeソフトの基本操作

2. ビジネスに利用するための知識の習得(社員向け)

「操作」に対する共通知識を有する人を対象に、アプリケーションソフトを使用して業務の簡素化・合理化を行う
情報機器を利用する際に必要なリテラシーの習得

3. ビジネスに利用するための知識の習得(管理職・経営者向け)

前記の社員向けの知識を有する人で、管理者として必要な知識の習得
企業運営に必要なリテラシーの習得

4. 部門ごとの情報化のリーダーの育成

業務の中で情報機器を利用しながら合理化を率先して図る人材の育成
情報処理技術者初級システムアドミニストレータ

5. 部門リーダーの統率者の育成

部門情報化リーダー(或いは初級システムアドミニストレータ)に該当する人に対して、全社的な観点からの情報機器を利用した合理化を経営者に提案できる人材の育成
情報処理技術者上級システムアドミニストレータ


これらの教育を対象者のレベルやニーズに合わせて行う必要があります。
実際の業務に即して知識の習得と育成を行う事により、実務に近い状況を作り出す必要があると思います。